よくsierは残業が多いと思われている。多い少ないは比較する業種によるだろうが、残業が発生することは当然ある。
その原因には様々なものが考えられており、代表的なものとしては業界の構造の問題が挙げられる。IT業界では元請け、下請けといった階層構造となっていることがある。1つの案件に対し、元請けが下請けに依頼し、その下請けがさらに下へと依頼するというような方法をとることもある。そのため、それぞれの連携が行いにくく、仕様変更などが発生するとどうしてもどこかにそのしわ寄せがきてしまうのだ。このような事情があることを考えると、sierでは残業が多くなりがちであると言える。

では、sierはメリットもなく残業が多いだけの仕事なのだろうか。もちろんそんなことはなく、当然働いた分給料は発生するので、労働時間が長い分それ相応の給料が貰える。若いうちから高い収入を得ることも十分可能なので、稼ぎたい人にとってはいい業界だろう。
また、将来的に独立を考えている人にとっても大きなメリットがある。この業界では多くの企業と組んだり、ニーズを聞いて仕様を話し合ったりして仕事を行うことになるので、他の企業がどのような仕事を行っているのかを知りやすく、業務に携わる中で多くのことを学べるはずだ。技術的なことはもちろん、マネジメントなどについても学ぶ機会があるかもしれず、将来独立するという強い意志があれば、長い労働時間も勉強の時間と好意的に受け取れることだろう。
労働時間が長くなる場合があり、大変であるのは事実だが、得るものが多いこともまた事実である。

Leave a reply

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> 

required