sierなどのエンジニアが果たす役割に大きな注目が集まっているが、その具体的な仕事内容の理解についてはまだまだ不十分なようだ。
sierとは、システムインテグレーターのことであり、ネットワークが大きな意味を持つ現代社会においては、重要な業界であると言える。ただ単に、プログラミング言語を丸暗記したり、システムやソフトウェアの初期設定ができる程度では、一人前とは言えないだろう。日本国内のビジネスのあり方を見ても、ネットワークサービスを最大限に駆使することで、ビジネスモデルを構築しているものが多くある。

そんな中、気になる傾向としてごく一部の限られた人材に仕事が集中しているという事態が起こり、そのせいで残業時間が多いなどの問題に発展していることがある。残業が多くなることには、働き方改革やワークライフバランスを考えることなどを推し進めている日本政府の取り組みに逆行しているため、経営者にとっても注意したいところだろう。また、IT関連企業にも関わってくる、同一労働同一賃金や在宅ワークの推進があるだけに、一部の優秀な人材に業務が集まる事態を懸念する声があがることも当然かも知れない。サービス残業などといった言葉は、働き過ぎの事態に直結する問題だとして、警鐘を鳴らす人も少なくなく、サービス残業自体を否定する意見も多い。
まだまだ解決すべき問題もあるIT業界だが、寄せられる期待の声は高まり続けている。そのため、エンジニアやプログラマーなどのネットワークに精通している人材には明るい未来が待っている可能性が高い。

Leave a reply

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> 

required